もも

もも

2019年春に第二子出産予定&2017年に第一子を出産した、20代後半の新米ママです。 妊活と妊娠中に困ったことや調べたこと、そして赤ちゃんの子育てや家事のことなどを、このブログに書いています。 詳しいプロフィールは、こちらからどうぞ!

産後の悩み

産後うつだったかも?私の産後辛かったエピソードベスト3〜母乳問題、夫の発言、子育て支援センターのママ友・・・

投稿日:

こんにちは!
妊活・妊娠情報サイト「ももいろファミリー」のももです。

現在妊娠7ヶ月、お腹の赤ちゃんは25週です。

今回はママライターのあみちゃんに寄稿してもらったエピソードです♪

「産後うつ」の症状や時期って?

産後うつは赤ちゃんを産んだばかりのママに現れる病状です。

産後、ママには辛くて後ろ向きな感情や考えが長く続くことがあります。

 

赤ちゃんが産まれた1~3週間後に症状が現れるのが一般的ですが、

数ヵ月後や1年後に発症する場合もあります。

産後うつとまでは行かなくても

気分が落ち込んだり、イライラしてしまったり、慣れない赤ちゃんとの生活で色んな事を考えてしまう時がありますよね。

 

産後まもなく4ヶ月のわたしが経験した

産後辛かったエピソードを紹介したいと思います。

ぜひ、悲しい気持ちになっているのは自分だけではないと思ってもらえると嬉しいです。

母乳が出ない・・・なのに母親(実母)からの「母乳出てる?」攻撃

陣痛の末、緊急帝王切開で産まれた我が子。

元気に産声を聞けたものの、本当ならすぐにカンガルーケア、そして母子同室になるはずなのに

産後二日間は新生児室にお預かりでした。

一番の味方のはずなのに…経験者ゆえのアドバイスで悲しい気持ちに

母乳をあげるために3時間に一回、点滴を引きずりながら新生児室に向かうのですが、

まぁ母乳が出ない!

吸わせる練習をしつつも

全く出る気配がないので、ひとまずミルクを飲んでもらうことになりました。

お母さんになったのに母乳を飲ませることができない・・・

そんな気持ちで病室に戻るのはとても悲しかったのです。

が!そこに母からのメッセージ。

母乳出てる??

悲しい気持ちがさらに悲しく・・・

母は悪気があるわけではなく、普通に聞いてるだけなのですが

母乳が出なくて辛い私には、意地悪にしか聞こえません。

まだ出ないから頑張って絞ってるけど、足りないからミルクにしてるよ

と返すのが精一杯。

翌日以降も

「母乳出てる?」

「母乳足りてる???」

のメッセージは止みません。

足りてないからミルク足してるよ

と返せば

「いっぱい食べないとね!」

とか

「なんで出ないんだろうねぇ」

とか。

もう、わたしが一番聞きたいよ!という気分で泣きたかったです。。。

聞けば、母は出産当日から母乳がたくさん出て、

完母で育てたそうです。

授乳室で1時間以上母乳を絞りながら授乳したこともありましたし、

赤ちゃんに「吸ってくれー」と半泣きで頼みながら授乳したりもしました。

助産師さんのアドバイスや、

おっぱいマッサージを繰り返すことで

退院の日には比較的出るようになりましたが、

産後一ヶ月は母乳外来に通いました。

 

私は結局、完母ではなく混合で育児することになりましたが

今はそれが良かったかなと思っています。

 

最初から哺乳瓶に慣れてくれているので、

夫や託児に預けるときも楽ちんですし、

外出先でも気兼ねなくミルクをあげられるので出掛けやすいのです。

 

今思えば、なんであの時あんなに悲しかったんだろう?とは思うのですが、

あれは完全に産後の落ち込みによるものだったと思います。

 

自分の経験がある母親だからこその心配やアドバイスが

仇となったエピソードでした。

黄昏泣き発生。夫の何気ない一言にプッツン・・・

生後3ヶ月を過ぎた頃のことです。

今まで比較的大泣きすることもなく穏やかに過ごしてきた我が子。

突然「たそがれ泣き」が始まりました。

午後16時を過ぎた頃、大泣きし、あやしてもダメ、ミルクをあげてもダメ・・・

もう自分ではどうしようもできなくなってしまいました。

泣き止まない我が子。誰も責めてないのに責められている気持ちに。

その時夫に何気なく

おむつ替えたの?
ミルクをあげたの???

と聞かれ、ついにプッツン!!!!

私まで号泣することに。

いろいろな本や、雑誌で情報を得て

こういうこともあるんだとは知っていたのに、やっぱりつらい気持ちになってしまうんですよね。

24時間ほとんど赤ちゃんと一緒にいて、自分の時間なんて赤ちゃんが寝ている間だけ。

その寝ている間だって、そばにいてあげなければいけない。

産後初の美容院ですら最悪の思い出に・・・

夫に子守を頼んだところで、

1時間家をあけて美容院に行っただけで

ずっと泣いてたよ

と言われる。

彼にしてみたらただの報告なんだろうけど、わたしにしてみたら

「子ども泣かせてまで美容院に行きたいわけじゃなかったのに」

という気持ちになり、泣きたくなりました。

「美容院に行ってきたら」って言ったのはそっちじゃん・・・。

さっきまでのリフレッシュした気持ちは消え、

悲しい気持ちだけが残ることに。

もう夫ひとりに子守を頼むのはやめようと思ったのでした。

 

でもこれも産後のかなしい落ち込み。

言ってしまえば被害妄想なんですよね。

自分でも今はわかっているんだけど、つらい気持ちは止められないんです。

そう、これが産後なんです。

子育て支援センターのママ友から意地悪・・・マウンティング!?

出産時の「バースプラン」の書き方や記入例を紹介。臨月に入ったら早めに書くのがおすすめ!

生後2ヶ月で子育て支援スペースデビュー

赤ちゃんを連れて、子育て支援スペースへ遊びに行き始めたのが生後2ヶ月のこと。

我が家ではわたしも夫もお出かけが大好きで、

家でじっとしているより、外のいろんなものを見せてあげたい

という気持ちから、

外出も早めにはじめました。

もちろん赤ちゃんの体調や天気を気にして、万全の体制で。

 

でも世の中のお母さんたちはそうじゃないんだなーというのは実感しました。

「2ヶ月で外に出すのは危険。」

「私なら怖くてできない。怖くないの??」

そんな声を何度も聞きました。

自分の中でちゃんと吟味して行動しているはずなのに、こんなに言われるとは・・・

わたしがやっていることは間違っているのか、

我が子のためにならないことなのか・・・

そんな風に思ってまた悲しい気持ちになりました。

帝王切開のマウンティングを経験・・・こんな事言う人、ホントに居るんだ・・・

さらには帝王切開での出産へのマウンティングもありました。

「帝王切開って楽でいいよね」

っていう人、本当にいるんですよ!ありえなくないですか・・・!?

私だって、自然分娩できるものならしたいです。

でも母子の状態を考えてやむ終えず帝王切開。

お腹を切るのに楽も何もあるわけないのに。

 

これには落ち込む気持ちよりも怒りが勝って、

「人のお産にケチつけるなんてよっぽど悲しい人ですね」

って初対面なのに言っちゃいましたよ。

 

でも人によっては悲しい気持ちで自分を責めちゃうと思うんですよね。

私も本当は悲しかったです。

なんで自然分娩してあげられなかったんだろう

とか。

わたしもそう思ったことは何度もあります。

何がいけなかったんだろうって。

 

でも、大切なのは今、ここにわたしと赤ちゃんが健康でここにいること。

 

自然分娩だろうが帝王切開だろうが

家族が笑顔でここにいられることが一番大切って思いませんか?

産後の落ち込みは何気ない時にやってくる。アナタだけじゃない!

最後になりますが、

産後の落ち込み、本当につらいと思います。

誰もわかってくれないって思うと思います。

でも乗り越えなくてもいいんです。

とことん泣いて、そのあととことん笑いましょう!

そうしているうちに赤ちゃんが声を出して笑ってくれるようになって、

つらさも疲れも悲しみも吹っ飛びます^^

わたしは初めて我が子が声を出して笑った時、泣きました。

そして心から産んで良かった、

頑張ってよかった!って思いました!^^

 

今産後間もなく、つらいお母さんにこの記事が届いたら嬉しいです。

これから少しずつ、でも確実に成長する我が子と一緒にわたしも成長していきます^^

おすすめの可愛いマタニティ服ブランドランキング

デザインが可愛く、着ていて快適なマタニティ服を求めて、

色々なブランドでマタニティウェアを買ってみました!

スウィートマミー(SweetMommy)

とにかく抜群にデザインがオシャレ!

雑誌「VERY」などにも掲載されていて、質感など少しリッチなものが多いです。

また、授乳ブラは機能性も抜群!

私は数々の授乳ブラを試した結果、スウィートマミーの「伝説の美胸授乳ブラ」を4枚買って、産前から産後(授乳期)までヘビロテしています。

ミルクティー(Milk Tea)

スウィートマミーと並んでデザイン性が抜群なのが「ミルクティー」!

私は会社の先輩に教えてもらって知りましたが、どのブランドよりも「可愛い」デザインが多いです♪

ピンク系の服なども多いので、美人百花系のファッションが好きな方など、

フェミニンなOLプレママさんにおすすめです♪

チョコア(CHOCOA)

マタニティ服・授乳服の中ではプチプラでオシャレなのが特徴♪

期間限定でしか着ないマタニティ服を安く揃えられるのが凄く嬉しい!

  • この記事を書いた人
もも

もも

2019年春に第二子出産予定&2017年に第一子を出産した、20代後半の新米ママです。 妊活と妊娠中に困ったことや調べたこと、そして赤ちゃんの子育てや家事のことなどを、このブログに書いています。 詳しいプロフィールは、こちらからどうぞ!

-産後の悩み

Copyright© ももいろファミリー , 2020 All Rights Reserved.