もも

もも

2019年春に第二子出産予定&2017年に第一子を出産した、20代後半の新米ママです。 妊活と妊娠中に困ったことや調べたこと、そして赤ちゃんの子育てや家事のことなどを、このブログに書いています。 詳しいプロフィールは、こちらからどうぞ!

家族でおでかけ

子連れ・託児付きの料理教室の参加レポ&失敗談!選ぶ時のチェックポイントはここ♪

投稿日:

こんにちは!
妊活・妊娠情報サイト「ももいろファミリー」のももです。

現在妊娠8ヶ月、お腹の赤ちゃんは29週になりました。

 

今回はママライターの友ちゃんに寄稿してもらった

「子連れ・赤ちゃん連れの料理教室」体験エピソードです♪

子連れの料理教室、託児付きの料理教室ってどう!?

今日ご紹介するのは、私が1人目の育休時代から

現在までもう5年近くに亘って、

通い続けている子連れOKの料理教室について^^

 

きっかけは、子連れでも行ける習い事をしたかった

からなんですが、気に入ってしまい、

今では、子どもは家でパパと留守番してもらって

出掛けることもあるくらい♪

教室だけじゃなくて、その教室で出会ったお友達とも、

今だに繋がっているんです♡

ステキな出会いでした^^

「託児付き料理教室」での失敗談><

0歳児で保育園に入れるのはかわいそう?1歳より入所しやすい3つの理由と、0歳から保育園で過ごす影響とは

実は私が、子連れで料理教室へ通うのは、

これが2か所目でした。

1度、託児付の家からも割と近い料理教室

通ったことがあったんです。

でも、私にはその教室が合わなくて、

1度行って、行くのを止めました・・・

 

当時、1歳になる子どもを連れての参加だったんで、

きっと託児付が良いだろう、

と思ってました。

しかも、保育士資格のあるような人が

ちゃんと面倒を見てくれるようなところと、

思って探してようやく見つけたんですよね~

でも、いざ行ってみると、確かに保育士の方はいて、

教室をやっている最中、

面倒を見てくれたのですが・・・

 

同じ1歳位の子ども6人を1人の保育士が

面倒を見るといった具合で。

本当に最低限のことだけ

(大の方のオムツ替えや、

泣きわめいている子がいたら抱いたりetc)

の様子でした('ω')

 

実際1歳児6人を相手にしたら、

教室をやっている1.5時間近く、

自分1人で面倒を見るってこと自体が、

すごいんですけどね~

私には絶対にできない・・・(>_<)

 

実際に、うちの子は、

特に泣きもしなかったようで、

オムツ・着替えもなく、

預けた時と変わらない格好で、

引き取りました。

教室が終わるまで何ら変わりなく

過ごしていたようです。

 

行かなくなった一番の理由は、

子どものこともあるのですが、

私自身が合わないと感じてしまったから

なんですよね(>_<)

 

10人近いママ達が集まる教室だったのですが、

私以外は常連さん達だったようで、

特に自己紹介をする時間もなく、

進行していったのですよね。

これは違和感でした。

 

アイランドキッチンで、

1人1人が料理に加われるタイミングはあまりなくて、

「やってくれる人??」

の挙手性で進んでいく感じにも、

何をしに来たんだろう?

と思ってしまったのですよね(*_*;

 

終了時間になったら、

さっと片づけて出ていくような雰囲気もあって、

私が求めていた教室のイメージとはちょっと違っていたな、

と思い、

張り切って参加した結果なんだか疲れて帰ってきました。

 

でも手作りにとても拘っていらっしゃる先生だったので、

手作りの美味しさや、

旬の素材の楽しみ方なんかは

とっても伝わる教室だったのですよね。

子連れのお料理教室に求めたいチェックポイント!

前回の違和感から、

自分が教室へ何を求めているのかを考えてみたんですよね。

料理を学べること以外に。

 

例えば、

  • ゆったりした雰囲気
  • 少人数で開催
  • 子どもを自分の目の届くところにいさせられる

などなど。

 

人それぞれ、求めることは違って当然なのですが、

私の場合はこんな感じ^^

特に、「ゆったりした雰囲気」という点が

重要度が高かったように思います。

 

料理するだけなら、毎日家でやってますからね。

わざわざ習いに行っているわけですから、

自分の知らないことを

教えてもらうのはもちろん、

普段と違う環境に行くってことも

大事だったのですよね。

 

ただえさえ、子育て中、

自分の思い通りになることは少なくて、

1日中、子どものペースで過ごしているんで、

たまには、大人のペースで過ごして、

大人の会話をしたい、

子ども以外の話だってしたいですしね♪♪

ゆったりできる子連れ可クッキングサロンを発見!

きっかけは、有名なレシピサイトの

サブサービスで掲載されていた

子連れOKのクッキングサロン^^

 

ここは託児はないため、

自分達で子どもの面倒を見ながらやりますよ、

というものでした。

家からもちょっと遠い場所ではあったけれど、

試しに参加してみることに♪

お料理教室で同じ年齢の子どもを持つママ3人と楽しい時間を過ごせた!

お試しレッスンに参加してみると、

私が行ったその日は私以外に2組、

同じくお試しで初めて参加する親子がいました。

しかも、聞いてみると子どもの月齢も近くてびっくり。

どうやら、先生が問合せ内容を見て、

同じ日に固めてくれたみたいでした♪

 

先生のご自宅でのレッスンなのですが、

到着すると、ご主人が迎えて下さり、

ご挨拶。

お茶を飲みながらちょっとおしゃべりをして、

今日作るレシピの説明に入っていくような流れでした。

まさにゆったりとした教室、

そのものでした。

 

その間子ども達は、持参したおもちゃで遊んだり、

おんぶで寝たり、

自由に過ごさせて頂いていました。

月齢が高くなってくると、

DVDを持参して見せたりもさせてもらいました。

後に、どれだけこのDVDに助けられたか・・・。

 

子どもの体重が10キロを超えてくると、

もう抱っこやおんぶは

ママがしんどいですからね・・( ;∀;)

出来ることなら、抱っこやおんぶは

最終手段に残しておいて、

他にもので泣かずに楽しめるものを

見つけておきたいですよね^^

 

先生は、私たちの母親世代にも近そうな

ご年齢の落ち着いた方で、

これもたまたまですが、

私たちの子どもと同じ年の

お孫さんがいらっしゃるのだとか。

そのせいか、子どもが泣いても、

慌てることなく、

本当にゆったりと見守って頂いたのも、

私がこの教室を気に入ってしまった理由の1つです♡

子どもが泣いてもお互い様

料理の最中に、子どもが泣いて、

おんぶも抱っこも効かないことも

しばしば・・・。

 

でも先生も、他の生徒さん達も

「お互い様」の気持ちで、

途中で抜けて子どもをあやしに行っても、

誰からも責められることも、

慌てるようなこともなく、

本当に安心の空間でした。

 

抜けてしまった分、出来る時に後片付けをしたり、

やれることをやって

皆お互い様、でした。

普段はやらない魚さばきだって教えてもらえる!

通い始めた子連れOKのお料理教室は、

月1の頻度で毎回違ったメニューを

教えてもらいました。

 

家ではなかなかやる機会がない、

魚のさばき方だって、

何度も丁寧に教えてもらいました。

他にもイカや、

クリスマスシーズンにはチキンの骨の外し方

なんかもやりましたよ。

 

母乳時期が終わってからは、

料理と一緒にお酒も頂きながら・・・。

とっても良い時間でした!

料理教室なんですが、

美味しいものを作って楽しんで、

食べて飲んで、おしゃべりも楽しめる、

ママの月1の憩いの場になっていました♪

 

子連れOKの教室以外にも、

大人向けのワインを楽しむ会なんかも

開催しているようで♪♪

いつかはそちらへも参加してみたいな~、

と思いを馳せています^^♡

おすすめの可愛いマタニティ服ブランドランキング

デザインが可愛く、着ていて快適なマタニティ服を求めて、

色々なブランドでマタニティウェアを買ってみました!

スウィートマミー(SweetMommy)

とにかく抜群にデザインがオシャレ!

雑誌「VERY」などにも掲載されていて、質感など少しリッチなものが多いです。

また、授乳ブラは機能性も抜群!

私は数々の授乳ブラを試した結果、スウィートマミーの「伝説の美胸授乳ブラ」を4枚買って、産前から産後(授乳期)までヘビロテしています。

ミルクティー(Milk Tea)

スウィートマミーと並んでデザイン性が抜群なのが「ミルクティー」!

私は会社の先輩に教えてもらって知りましたが、どのブランドよりも「可愛い」デザインが多いです♪

ピンク系の服なども多いので、美人百花系のファッションが好きな方など、

フェミニンなOLプレママさんにおすすめです♪

チョコア(CHOCOA)

マタニティ服・授乳服の中ではプチプラでオシャレなのが特徴♪

期間限定でしか着ないマタニティ服を安く揃えられるのが凄く嬉しい!

  • この記事を書いた人
もも

もも

2019年春に第二子出産予定&2017年に第一子を出産した、20代後半の新米ママです。 妊活と妊娠中に困ったことや調べたこと、そして赤ちゃんの子育てや家事のことなどを、このブログに書いています。 詳しいプロフィールは、こちらからどうぞ!

-家族でおでかけ

Copyright© ももいろファミリー , 2019 All Rights Reserved.